彼氏への不満

彼氏がデートに誘ってこなくなった!会いたいと言わない彼氏の心理と対処法!

以前は彼氏からデートに誘ってくれていたのに、最近はデートに誘って来なくなった…。

自分から会いたいと言わない彼氏はどういう気持ちなんだろう。

 

今まで誘ってくれていた彼がデートに誘ってくれなくなると、会いたくないのかな、冷めてしまったのかなと気になってしまいますよね。

関係が落ち着いて来ただけなら心配ありませんが、気持ちが冷めて来ているなら早めに察しておきたいところ。

 

果たして、デートに誘って来なくなった彼はどのような気持ちなのでしょうか?

そして、そんな彼と円満に付き合うためにはどうすればいいのでしょうか?

 

そこで今回は、自分から会いたいと言わない彼氏の心理と対処法を取り上げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

彼氏がデートに誘ってこなくなった!会おうと言わなくなった彼氏の心理!

仕事が忙しいなど自分の時間を重視したい

 

今まで誘ってくれていた彼が誘ってくれなくなったパターンで一番多いのはこのパターン。

仕事や勉強が忙しかったり、趣味など彼が熱中していることがある場合は、自分の時間を大事にしたいと思っているから、あまり誘って来ないのかもしれません。

 

特に、仕事が忙しい男性はついつい仕事のことを優先しがちですからね。

また、ゲームやアウトドア、スポーツなど自分の趣味を思い切り楽しむタイプの男性も自分の時間を大切にする傾向があります。

 

あとは、一時的に忙しい時期である可能性もありますね。

例えば大きな仕事を任されているタイミングだったり、サーフィンやスノーボードなど旬の季節がある趣味があって、今まさに集中したいということもあるでしょう。

 

他には気持ちが落ち着いていたという可能性も。

男性は付き合う前や付き合い初めは、自分よりもあなたのペースに合わせていて、だんだん慣れてきたことで、本来の彼のペースに戻ってきたのかもしれません。

 

自分の時間を大切にしたい男性は、干渉されることを嫌いがち。

彼のペースを崩してしまうと、縛られているように感じたり、不自由だと感じるので、彼のペースに合わせることも意識してみてください。

 

彼のことで不安になってしまったり、気持ちがモヤモヤする場合は、思い切って明るく会いたいと言ってしまうのもOK!

もしくは、自分も予定を入れたり、新しい趣味を始めたりして、自分の時間を楽しむといいでしょう。

 

【※大丈夫!彼に冷められてもまだ戻れる】

【体験談から学べる!】冷めた彼の気持ちを取り戻して以前より深い仲になれた方法

 

いつも彼女が会いたいと誘ってくるから待っている

 

彼からのデートの誘いはないけれど、自分から誘えば会えるという場合はだいたいこのケース。

いつの間にか彼の中で、あなたの方からデートに誘ってくれるのが当たり前になってしまっているのかもしれませんね。

 

彼から誘ってくれたわけではなくても結果として会っていて、会っている時に彼も楽しそうにしてくれているのであれば、そこまで気にする必要はないでしょう。

大丈夫、楽しんでくれているなら彼もあなたのことを好きでいてくれているはずですよ。

 

誘ってこないだけで、それ以外は楽しく円満に付き合えているのであれば、あまり気にせず付き合っていくといいでしょう。

どうしても気になるのであれば、明るく「たまには誘って欲しいな!」言っても問題ありません。

いつも会ってくれているわけですから、そう言われても、重いと感じられることはありませんよ。

 

連絡内容もそっけないなら冷めてきてるかも

 

会うときの連絡も彼からは来なくて、返信も態度も素っ気なく感じる。

このようなケースでは、彼の気持ちが冷めつつあるのかもしれません。

 

さらに、会った時も楽しそうじゃなかったり、ずっと携帯をみていたり、あなたに向き合ってくれない場合は、別れのサインと言っていいでしょう。

最近の彼の様子を振り返ってみたり、過去のラインのやりとりを見てみたり、彼を観察してみてください。

 

素っ気なく見える原因の一つに彼が忙しくて疲れているということもあります。

もし彼が最近、仕事やプライベートで何か忙しくしていたり、悩みがあったりする場合は、あなたと会っている時もそのことを考えているのかもしれません。

 

彼が冷めている場合は、問い詰めてしまったり、会う頻度を増やそうとすると重いと感じさせてしまいます。

なので、彼のペースに合わせて、会えるときに会うようにして、デートで彼の気持ちを取り戻していきましょう。

 

関係が落ち着いてきて会うペースを減らしたい

 

付き合った時は嬉しくて彼も気合いを入れて誘ってくれていたかもしれませんが、時間が経つと、その気持ちも落ちついてくるもの。

自分から誘わないことで、会うペースを減らして、ゆっくりと付き合っていきたいのかもしれませんね。

 

長く付き合っていくには、お互い依存しすぎずに尊重しあえる関係がベスト。

付き合いたての時に比べると物足りないかもしれませんが、関係が安定してきたのは長続きする証拠です。

 

また、「いつも自分が誘っているなあ」と不満に思うかもしれませんが、意外とそういうカップルって少なくありません。

自分が誘うという形で落ち着いているということもあるので、誘えば会えるなら、気にせずゆっくりと付き合っていくといいでしょう。

 

足りないものに目を向けると、つい不満な気持ちが出てきますが、今あるものに目を向けて彼との時間を大切にしてみてください。

 

好きだけど会わなくても平気な性格だから

 

男性の中には、好きだけど毎日会わなくても平気というタイプの人も一定数います。

このタイプの男性はあなたのことは好きなんだけれども、色々なことをしており、恋愛の優先順位が高くないだけ。

 

仕事が大好きだったり、ハマっている趣味があるなど、恋愛以外にも自分の時間を謳歌している人によくあるケースですね。

こればっかりは性格ですから、変えようと思って変えられるものではありません。

ただ、あなたが誘って、会った時に彼も嬉しそうにしてくれるのであれば大丈夫ですよ。

 

もともと女性の方が恋愛体質の人が多い傾向にあります。

こういうタイプの男性と付き合うと不安になってしまうと思いますが、あなた自身も仕事や趣味に打ち込むなど、自分の時間を大切にしていけば、安定して付き合うことができるでしょう。

 

【※彼をもっと本気にさせたい方へ】

彼が急に冷たい態度を取るのはどうして?冷めた彼を振り向かせるために行った3つのこと

 

彼氏がデートに誘ってこなくなった時の対処法!円満に付き合うには?

好意的な態度なら気にせず自分から誘う

 

デートの誘いはないものの、誘ったら会ってくれる。

会っている時も楽しそうにしてくれているという場合、彼もそれに慣れていると思うので、気にせずその関係を続けてOKです。

 

そもそも一番大事なのは彼があなたのことを好きでいるかどうか。

「デートに誘ってくれない=自分への気持ちがない」と考えるのではなく、彼の反応や会ったときの態度に注目して観察してみてください。

 

好意的な態度なら、あなたへの気持ちがあるとわけですから、十分に円満と言えるでしょう。

彼氏からしても、「いつも彼女が誘うものだから」と思っているだけかもしれません。

 

もし会いたくないとしたら、誘いを断ったり、会ってもつまらなそうにするはずですからね。

どうしても気になる場合、「たまには誘って欲しい!」と明るく伝えてみてもいいでしょう。

 

彼から誘ってくるまでしばらく待ってみる

 

いつもあなたから誘っていると言う場合はこの方法を試してみてもいいかも。

誘ってくれるまで待ってみて彼の方から、「週末どうする?」などと誘ってくれる場合は、円満なのでもう大丈夫ですね。

 

付き合いが長かったりすると、なんとなく二人の中で会うタイミングがパターン化していて、「今週も会うんだろうな」と思ってくれているかもしれません。

いつも大体週末に会っていると言う場合は、次の週末までに彼から連絡が来るかどうかで判断するといいでしょう。

 

普段ならあなたから誘うタイミングで誘わないで待ってみる。

それで彼の方も何も言ってこなくて、結局その週末会わずに過ごすことになった場合は、彼が忙しかったり、気持ちが冷めている可能性も。

 

彼の気持ちを確かめる一番の方法は、やはり、会って態度や言動をチェックすること。

彼から誘って欲しいという気持ちもわかりますが、連絡がこない場合は、自分から誘って彼の気持ちを確かめてみてください。

 

彼からしっかり愛情や好意を感じるのであれば、「どちらが誘うか」などにこだわりすぎる必要はないでしょう。

 

会った時に愛情表現をして彼の気持ちを高める

 

もし彼の気持ちが離れていっている、冷めてきてしまっていると感じるなら、彼と会った時にあなたの方から明るく愛情表現をしてみてください。

愛情表現は、付き合いたては自然にできるものですが、付き合いが長くなるとお互いに照れ臭くなってなかなかできなくなるもの。

 

二人の関係が落ち着いてきているのなら、愛情表現をすることで彼の気持ちが高めることができるかもしれません。

愛情表現はすればするほど高まるもので、しなければ落ち着いていくだけですからね。

 

あなたの方から愛情表現をして彼の方も好意的に受け取って、応えてくれるなら心配はいらないでしょう。

逆に、あなたの愛情表現を彼が拒否したり、めんどくさそうにあしらわれることが続くなら、彼の気持ちが離れていっていると言えます。

 

愛情表現というと、重たく感じるかもしれませんが、明るい感じで伝えれば、「重い」という印象を与えません。

明るく甘えて、彼に「早く会いたい」と思わせれるようになると、より円満に付き合っていけるでしょう。

 

まとめ

 

彼氏が自分からデートに誘ってくれないとしても、それは決して冷めているわけではありません。

彼に会っている時に、ちゃんと愛情表現をしてくれたり、好意を感じるのなら大丈夫。

 

誘ってくれないにしても、円満に付き合えているのであれば、気にせず自分から誘っていってもいいでしょう。

最近、あなたから誘ってばかりだったのであれば、彼もそういうものだと感じて、落ち着いているのかもしれません。

 

逆に、会っている時の態度が冷めているか、そっけないかどうかで彼の気持ちを判断してみてください。

会う頻度を彼のペースに合わせたり、会った時に明るく、重くならないような愛情表現をすることで彼の気持ちを高めていきましょう。

 

また、こちらの記事では、突然冷たくなった彼氏を振り向かせて円満な関係に戻るまで行ったことをすべてお話しています。

大好きな彼氏が急に冷たくなった時は、正直、どうすればいいのかわからず、本当に落ち込んでしまいました。

 

急に冷たくなった彼氏の気持ちをどうやって取り戻すことができたのか。

彼氏がちょっと冷めてるかもしれないけど、自分は大好きだから別れたくないという方は、ぜひ読んでみてください!

→冷めた彼の気持ちを取り戻すことができた体験談はコチラ

 

 

 

【↓人気ブログランキング参加中!クリックで応援をお願いいたします!】

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ