LINE・連絡

彼氏の既読スルーが増えた!既読スルーするようになった彼氏の心理と対応方法!

「なんか最近、彼氏から既読スルーされることが増えてきた。私のことどう思ってるんだろう。」

 

彼氏とLINEはとても楽しい反面、突然既読スルーされるようになると不安になってしまうものです。

特に、今まで仲良くやりとりしてたのに、露骨にスルーが増えると気になってしまうかと思います。

 

「どうして既読スルーするようになったんだろう?私のこと好きじゃなくなったのかな…。」とネガティブに考えてしまう方も多いでしょう。

 

ただ、結論からお伝えすると、彼が冷めているとは限りません。

もちろん、冷めている可能性もありますが、あなたのことは好きだけど、別の理由から既読スルーをしていることもあるのです。

 

そういうわけで今回は、彼氏が既読スルーをする心理と既読スルーされたときの対処法について取り上げていきます。

 

彼氏の既読スルーが増えた!既読スルーするようになった彼氏の心理とは?

 

LINEのやり取りを普通にしていたのに突然既読スルーされることが増えてしまった。

この場合、どうしても「何かしてしまったのかな、嫌われてしまったのかな…。」と悪い方向へと考えてしまいますよね。

 

彼からのLINEを待って、いつも不安な状態になってしまっていては、精神的に参ってしまいます。

そこで知っておいて欲しいのですが、「既読スルー=彼が冷めている」というわけではありません。

 

そう、既読スルーする彼氏にも、彼氏なりの事情というものがあるのです。

では、既読スルーするようになった彼氏の心理とは、どのような心理なのでしょうか?

 

【※大丈夫!彼に冷められてもまだ戻れる】

【体験談から学べる!】冷めた彼の気持ちを取り戻して以前より深い仲になれた方法

 

仕事などで忙しく、返信を忘れてしまっているから

 

あなたの連絡を既読スルーするのは、単純に彼氏がとても忙しい状態だということが考えられるでしょう。

仕事で重大な任務を任されたり、繁忙期などで猫の手も借りたいほど会社が忙しい時、ついつい彼女からの連絡をスルーしてしまいます。

 

特に、仕事が大好きな彼氏にありがちなパターンですね。

くたくたになるくらいまで忙しいので、連絡だけチェックして仕事に集中するという男性は少なくありません。

 

彼の職種によって、繁忙期ではまとまった時間も取れず、ご飯を食べるだけで昼休憩が終わることもあるのです。

完全に仕事モードに入ってしまっていますので、その状態では、彼女に連絡をする気分にならないんですよね。

 

また、男性の中には「LINEを読む=返事をした」という感覚を持っている人も少なくありません。

既読にしたことであなたには「連絡は読んでいるからね」ということをアピールしている可能性も大いに考えられるでしょう。

 

忙しくしている彼氏に「いつまで無視?早く返事が欲しい!」とあなたの感情を押し付けてしまうと、彼が愛想をつかしてしまう恐れがあります。

彼の状況を把握し、彼を理解し支えになれるような存在になることが大切ですよ。

 

ですので、仕事中心の彼氏が既読スルーするようになったとしても、それが普通だと考えておいていいかもしれません。

LINEの内容が好意的であったり、普通に会うことができる、好感触な態度という場合は、あまり気にする必要はないでしょう。

 

LINEよりもリアルに会っている時間を大切にしたいという男性もいますので、彼のことを理解してあげるよう努めてみてください。

 

他に夢中になっていることがある

 

男性はハマってしまうと夢中になってしまう人が多いので、一度にたくさんのことをすることができません。

女性は電話をしながらドラマを見たり、ご飯を作りながらテレビを見たりなど同時に集中することができますが、男性は違うのです。

 

ですから、LINEのやり取りを直前までしていても、彼氏が漫画に集中してしまったり、ドラマを見始めたりしてしまうと、連絡を忘れて他のことに夢中になってしまいます。

これは男性の特性なので仕方がありません。

 

単に返事を忘れてしまっているという状態なので怒ったりするのは避けましょう。

この場合も、忘れているだけですので、LINEの内容は好感触だったり、普通に会えたり、愛情も示してくれるはずです。

 

LINEの返信頻度だけで彼の心理を把握するというよりは、内容や会った時の態度などから総合的に判断してみてください。

 

彼女への感情が薄れてしまっているから

 

既読無視を増えるのは、もちろん、あなたへの好きという感情が薄れてしまったということも考えられます。

もともと男性はLINEを苦手とする人が多いですが、好きな女性とは普通にやり取りをするものです。

 

ただ、彼女に対する愛情が薄れると、LINEでのやり取りが面倒くさく感じて既読スルーをするようになりがちですね。

また彼女以外に好きな女性ができた場合も、既読スルーをするようになってしまうことも少なくありません。

 

彼女よりも好きな女性に夢中なので、彼女との連絡がおろそかになってしまうのです。

また、別れたいサインの1つとして、既読スルーをすることで「察して欲しい」と考えている可能性もあるでしょう。

 

この場合は、既読スルーだけでなく、連絡の内容も素っ気なくなったり、会えなくなったり、愛情表現が減ったりします。

そのため、既読スルー以外の部分をしっかりチェックして、冷めているかどうか確認してみてください。

 

彼氏が既読スルーするようになった場合の対応方法!

まずは連絡を待ってみる

 

先ほどもお話したように、彼氏が返事を忘れていたり、忙しいということもあるので、連絡が来るまで待ってみるのがベストです。

連絡を忘れていただけの場合、半日から1日程度で返信がくることがほとんどですからね。

 

ここで連絡がこないからと、追撃で連絡を何度も執拗に送るのは絶対にNGです。

何度もしつこく連絡することで彼女がしつこく感じ、最悪の場合うざったく思われてしまい嫌われてしまうかもしれません。

 

ですので、こちらから何度も連絡をするのではなく、彼氏から連絡を送ってくるまで待ってみましょう。

最低でも1、2週間は待ってみてください。

 

しつこく連絡をしないにしても、彼氏の状況を考えず自分の意見だけを押し付けるような連絡をするのもNGですね。

彼氏に既読スルーされたことで不安の感情こみ上げてくるものですが、それを彼にぶつけてはなりません。

 

感情的になってしまうと、彼氏と起こらなくていい喧嘩が勃発してしまいます。

彼氏の事情を理解しようとしないと、最悪の場合、彼から別れを告げてくることもあるので絶対に避けるようにしてくださいね。

 

【※彼をもっと本気にさせたい方へ】

彼が急に冷たい態度を取るのはどうして?冷めた彼を振り向かせるために行った3つのこと

 

待ってもずっと既読スルーの場合はこちらから連絡を

 

もし彼氏からの連絡を1週間程度待っても返事すらない場合は、こちらから連絡をしてみましょう。

ただし、ここでも喧嘩に発展しないように「返事がなくて心配だよ、何かあったの?」「返事がなくて寂しいぞー♡」など可愛さをアピールするような連絡にしてみてください。

 

彼があなたのことをまだ好きである場合は、比較的早く連絡がくるでしょう。

単純に、やり取りが今の段階で終わったと判断して、彼がストップさせていたかもしれませんからね。

 

なお、ここでもまた既読スルーをするようなら、彼氏はあなたと自然消滅を考えている可能性が高いです。

このような場合、別れを覚悟しておく必要があるでしょう。

 

もし、彼から別れを告げられてしまった場合、謝罪と感謝を伝えて、綺麗に別れるようにしてください。

しつこくすがってしまうと、ますます彼の気持ちは下がってしまうので、その逆をいくのです。

 

別れ際に「いい彼氏だったな」という印象を与えることができれば、再会もしやすいですし、復縁にも繋げやすいですからね。

相手から別れを告げてきたけど、すんなり受け入れることで、あたかもあなたが彼を振ったかのような構図を作り出してみてください。

 

まとめ

 

今回は既読スルーが増えた彼氏の心理と既読スルーされたときの対処法について取り上げていきました。

彼氏が既読スルーするのは、一概に彼女に対する感情が薄れたからという理由だけではありません。

 

仕事が忙しくて返信がおろそかになっているなど、彼氏にも事情があるので、既読スルーされても、感情的にならず一度連絡がくるまで待ってみましょう。

待っても連絡が来ない場合は、可愛らしい連絡をしてみてくださいね。

 

それでも連絡がこない場合は、彼は別れを考えている可能性がありますので、最悪の事態も想定しておくことをおすすめいたします。

 

また、こちらの記事では、突然冷たくなった彼氏を振り向かせて円満な関係に戻るまで行ったことをすべてお話しています。

大好きな彼氏が急に冷たくなった時は、正直、どうすればいいのかわからず、本当に落ち込んでしまいました。

 

急に冷たくなった彼氏の気持ちをどうやって取り戻すことができたのか。

彼氏がちょっと冷めてるかもしれないけど、自分は大好きだから別れたくないという方は、ぜひ読んでみてください!

→冷めた彼の気持ちを取り戻すことができた体験談はコチラ

 

 

 

【↓人気ブログランキング参加中!クリックで応援をお願いいたします!】

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ