彼氏との別れ

長く付き合った彼氏と別れたいけど後悔する?別れた後に後悔しない方法!

「彼氏と別れたいけど、長く付き合ってきて情もあるし、なんだか別れるのはもったいない気がする。」

 

長く付き合ってきた彼氏とは思い出が多い分、別れを決意するのはなかなか難しいものですよね。

 

過ごした時間が長いと、彼氏というより家族のような感じになってしまうので、なおさら別れるのも大変です。

長く過ごした彼氏だからこそ、別れるのであれば、ちゃんと後悔しないように別れたいと思う方も多いのではないでしょうか?

 

別れるのならこの先後悔したくないと思うのは、当たり前の心理ですよね。

そういうわけで今回は、長く付き合った彼氏と後悔せずに別れるにはどうすればいいのかについて取り上げていきます。

 

彼氏との別れを後悔しないための具体的な方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

長く付き合った彼氏と別れたい!そもそもどうして別れたいと思うのかが大事!

 

カップルが付き合っていく上で、「別れたい」と思うことは何もめずらしいことではありません。

人それぞれ、合う合わないはあるため、何かのきっかけで別れたいと思うことはいたって自然なことです。

 

ただ、長続きするカップルの場合は、少し話が変わってきます。

そもそも、これまで長く付き合ってきたわけですから、完全に合わないというわけではないはずですよね。

 

ですから、「なぜ別れたいのか」という理由がとっても大事です。

この別れたい理由によって、彼氏と別れるべきなのか、まだ付き合っていた方がいいのかが決まってきますからね。

 

ですから、まずは自分がなぜ彼氏と別れたいのかをじっくり考えてみてください。

そして、それでも別れたいという気持ちが長く続くなら、本格的に別れることをしっかりと考えなくてはなりません。

 

【※大丈夫!彼に冷められてもまだ戻れる】

【体験談から学べる!】冷めた彼の気持ちを取り戻して以前より深い仲になれた方法

 

長く付き合った彼氏との別れを決断できない2つの感情とは?

 

長く付き合っていても別れたいと思うのは、やっぱり他人同士での関わりですから、自然の感情です。

特に、同棲などをしている場合は、いいところだけでなくマイナス面も見えてくるので、なおさらでしょう。

 

そして、彼氏と長く付き合っていく上で別れを意識した時、女性にはある感情がこみ上げてきます。

 

・こんなに長く付き合える人はこの先現れるのだろうか?

・この人と別れた後後悔しないだろうか?

 

このような不安要素が出てくるのです。

付き合うということは簡単ですが、長く付き合った彼氏との別れを決断するのはかなり難しいことですよね。

 

その人のことを好きなだけでは長く付き合えず、お互いの価値観や相性が良くないと付き合っていくことはできません。

ですから、彼と別れた後にこのような男性に出会えるのか不安になるわけです。

 

さらには、この彼氏と別れたことを後悔しないのかと。

とはいえ、ずっと付き合っていたいのではなく、別れたいと思っているのですから、別れについて考えなければなりません。

 

結婚や妊娠のこともあるでしょうから、グダグダ付き合っていっても、時間の無駄になってしまう可能性もありますからね。

彼氏と別れた後にも別れたことを後悔しないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

 

長年付き合った彼氏と別れた後に後悔しないためには?

そもそも別れたいと思っている人は悩まない

 

まず、本当に別れたいと思っている人は「別れた方がいいのか」とか「後悔しないのか」と悩むことすらしません。

本当に別れたい人は一刻も早く別れたいと思うだけなので、すぐに別れを切り出すはずなんですよね。

 

悩んでいるということは、「別れたい」という気持ちがそこまで強くないのかもしれません。

彼への愛情がまだ残っていたり、別れたい理由が曖昧だったり…その気持ちをもう少し深掘りしてみることをおすすめします。

 

・あなたはどうして彼氏と別れたいと意識したのか?

・今の彼氏の何が不満なのか?

・別れる以外の選択肢はないのか?

 

これらついて、しっかりと考えましょう。

中には、彼が結婚についてどう考えているのかが不安で別れを意識していたという女性も少なくありませんからね。

 

その場合は、男性に少しでもほのめかしてみるなど、具体的な解決に向けて動き出すと気持ちのはっきりしてくるはずですよ。

 

そもそも、「どうしても別れたい!」となった場合は、別れても後悔することはありません。

 

逆に、何かしらひっかかるものがあったり彼に未練がある場合は、別れてしまうと絶対に後悔することになりますからね。

 

別れたいという気持ちはあるけど、彼にまだ未練がある場合は、別れを告げるのではなく彼氏に直接今の気持ちを伝えてみましょう。

その場合彼があなたの不満を解消してくれたり、改善してくれることもあるのです。

 

この話し合いでも話が合わず、「やっぱり別れたい」と思ったときは別れを選択しても後悔しないでしょう。

未練がある場合、話し合いもせず別れを選択してしまうと後悔してしまうので、まずは彼と話し合ってくださいね。

 

衝動的に決めた別れは後悔する

 

付き合っている彼氏と別れたいと意識するタイミングは人それぞれ違います。

中にはささいな喧嘩から衝動的に「別れてやる!」となる場合も少なくありません。

 

ここでどうしても避けてほしいのが、この衝動的に決めた別れです。

この衝動的な別れは、多くの人が後悔することになるからですね。

 

喧嘩をしてしまっているときはなかなか冷静な判断ができず、つい感情的になって「別れる!」という言葉を発してしまうもの。

 

この感情的な発言で別れてしまうと、「どうしてあの時あんなことを言ってしまったんだろう」と後悔する可能性が高いですよ。

 

ですので、絶対に衝動的な別れは避けるようにしましょう。

 

【※彼をもっと本気にさせたい方へ】

彼が急に冷たい態度を取るのはどうして?冷めた彼を振り向かせるために行った3つのこと

 

思い切って気分転換をしてみる

 

「彼氏と別れたい」と何日も何十日も悩んでいると、頭がおかしくなってしまいますよね。

 

「別れたいけど、もっといい人が見つかるかどうか不安。後悔はしないだろうか。」

ずっとそのことだけを考えていると、何について悩んでいるのかもよくわからなくなってしまうものです。

 

さらに、暗いことばかり考えていると、他の仕事や私生活に支障をきたすことも少なくありません。

悩んでも気持ちが定まらないときは、一度気分転換をしてみることをおすすめいたします。

 

思いっきり気分転換をすることで、頭がリセットされ考えがまとまる場合がありますからね。

「こんなちっぽけなことで悩んでいたんだ」「別れるしか選択はない!」などと考えがぱっとまとまることもあるでしょう。

 

別れについて考えすぎて煮詰まってしまったときは、一度気分転換をしてからもう一度考えてみてくださいね。

 

まとめ

 

長く付き合った彼氏との別れは、付き合った期間が長いこともあって後悔しないかどうか考えてしまうものですよね。

どうしても長く付き合うと、カップルなのに家族というような感じがしてきてしまいます。

 

今の彼氏と本当に別れていいのだろうか、もっといいい人はいるだろうか、別れて後悔しないだろうかと不安要素が出てくるものです。

そのため、別れた後に後悔したくないのなら、まずは本当に別れたいのかどうか真剣に考えてみてください。

 

なんとなく別れたいなどといった曖昧な感情だったり、衝動的な別れの感情は必ず別れた後に後悔するからですね。

一度自分の気持ちを見つめ直して、どうしても別れたいと思うのなら後悔せず別れることができますよ。

 

別れたい理由を深掘りしたり、思い切って不安な気持ちを彼氏にぶつけたり、思い切り気分転換するなど、自分の気持ちと向き合ってみてください。

 

また、こちらの記事では、突然冷たくなった彼氏を振り向かせて円満な関係に戻るまで行ったことをすべてお話しています。

大好きな彼氏が急に冷たくなった時は、正直、どうすればいいのかわからず、本当に落ち込んでしまいました。

 

急に冷たくなった彼氏の気持ちをどうやって取り戻すことができたのか。

彼氏がちょっと冷めてるかもしれないけど、自分は大好きだから別れたくないという方は、ぜひ読んでみてください!

→冷めた彼の気持ちを取り戻すことができた体験談はコチラ

 

 

 

【↓人気ブログランキング参加中!クリックで応援をお願いいたします!】

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ