彼氏との別れ

彼氏の束縛がひどい!疲れた!束縛が激しい彼氏の対処法・解消法を完全解説!

「彼氏の束縛がひどくてもう疲れてしまった。別れるとまではいかないけど、なんとかできないかな…。」

 

束縛のひどい彼氏を持つと、連絡や会う頻度、友達付き合いも合わせなければならず、疲れてしまいますよね。

最初こそ愛されている感じがするものですが、ずっと続くと流石に疲れる女性は少なくありません。

 

それに女性よりも男性の方が女々しいというのは有名な話で、このように束縛がひどい彼氏に悩む女性は少なくないのです。

では、どのようにして束縛の激しい彼とうまく付き合っていけばいいのでしょうか?

 

今回は束縛のひどい彼氏の特徴や心理・対処法など重たい男性の全てを徹底解説していきます。

男性の心理や対処法が分かれば彼を刺激することなく、うまく付き合っていけるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

 

彼氏の束縛がひどい!疲れた!どんな束縛に疲れているのか?

 

束縛がひどいと一言で言っても、色々な形がありますので、まずはどんなことで自分が疲れているのかを把握しましょう。

連絡がしんどいのか、会うのがしんどいのか、ネガティブなのがめんどくさいのか。

 

このように、彼氏の束縛の中でもどんなところが疲れるのかをはっきりさせることができれば、改善していくことができます。

今のところ別れる気持ちがないのであれば、ストレスを溜めずに付き合うためにも、うまく付き合える方法を模索していきましょう。

 

あなた自身の彼氏を思い浮かべながら、どんなところが軽くなっていけば、うまく付き合えそうか考えてみてください。

 

【※大丈夫!彼に冷められてもまだ戻れる】

【体験談から学べる!】冷めた彼の気持ちを取り戻して以前より深い仲になれた方法

 

連絡がマメすぎる、追撃LINEをしてくる

 

束縛の激しい彼氏の代表的特徴はやはり、「連絡がマメすぎる」「執拗な連絡」でしょう。

返信せずに放置していると、こちらがまだ返事をしていなくてもお構いなしに、追撃でLINEを送信してくることも少なくありません。

 

あなたから連絡が少しでもこないと不安になってしまったり、何か悪いことを送ったかを考え込んで、追撃してくるわけですね。

また、自分の行動を報告してきたり、あなたが誰かと遊んでいるときでもあなたの状況を考えずに連絡をしてくることも少なくありません。

 

LINEの返信をしたら、すぐに返信が返ってきたりすることも多く、あまりにも頻度が多い連絡は疲れる原因になりやすいですね。

連絡面でしんどいと感じてしまうようであれば、一度話し合った方がいいでしょう。

 

何も伝えず予定を入れると不機嫌になる

 

束縛のひどい彼氏は、基本的にあなたのことをすべて把握したいと思っています。

そのため、何も伝えず予定を入れたり、会う予定を確保せずに土日に予定を埋めまくると、彼は不機嫌になってしまうのです。

 

束縛の強い彼氏は基本的に土日休みは彼女のためのものだと思っていることが少なくありません。

このように、休みを予定で埋めていくと不機嫌になっていく場合は、早めに彼に伝えるなどして対応する方がいいでしょう。

 

外出すると細かく聞いてくる、人付き合いに嫉妬する

 

束縛の強い彼氏は彼女がどこか出かけたりすると、誰といるのか、今どこにいるのか、何時に帰ってくるのか聞いてくることも少なくありません。

自分に自信がなかったり、不安であるがゆえに、ついつい疑ってしまうんですよね。

 

特に、彼女が男友達と少し話をしただけでも、束縛彼氏はかなりの嫉妬をしますので、異性との関わりには気をつけなければなりません。

LINEや電話なども同じように、男友達と少しでも連絡をとると怒り出すことだってありますよので、話題には気をつけるようにしましょう。

 

あなたのことが大好きで、独占したいがゆえに、束縛が強くなってしまうのです。

ただ、あなた自身にも友達付き合いやストレスなどあるでしょうから、しんどいと感じているのであれば、できるだけ早く解消していきましょう。

 

束縛が激しい彼氏の心理とは?なぜ彼は重たいのか?

 

束縛をする男性の心理として考えられるのは、「自分に自信がなくて不安だから」ですね。

彼女に愛されている自信がない、他にもいい男性がいるのに自分は取り柄もないなど、自信を持っていない男性は意外と多いものです。

 

自分自身に自信を持てず、彼女から愛されていないと感じてしまっているんですよね。

その結果、どうにか彼女をつなぎとめたい彼は束縛をするようになってしまうのです。

 

また、基本的にネガティブに考えたり、自信や不安になる男性は、彼女との付き合い以外に楽しみがないということが少なくありません。

仕事よりも彼女、友達よりも彼女、になってしまうから独占欲に繋がってしまいます。

 

実際、楽しめる趣味をもっていたり、人付き合いのいい彼氏、仕事に没頭している彼氏は重くなりませんからね。

 

また、彼女が好きすぎて彼女のことを自分だけのものとして独占したい気持ちを持っている男性も少なくありません。

彼女が他の人のものになるのも、彼女が他の人を好きになるのも許せないという心理を持っています。

 

愛されているのは嬉しいことですが、重すぎてあなたが疲れてしまっては元も子もありません。

彼のペースに合わせすぎてしまうと、あなたの方がストレスでおかしくなってしまいますので、なるべく早く対応を打っていきましょう。

 

【※彼をもっと本気にさせたい方へ】

彼が急に冷たい態度を取るのはどうして?冷めた彼を振り向かせるために行った3つのこと

 

彼氏に束縛をやめてほしい時はどうすればいいの?

 

やや重たい彼氏に束縛をやめて欲しいけど、伝えたら伝えたで、落ち込んだり怒ったりしそうでちょっと怖いですよね。

それでも、ずっと我慢し続けていると、好きという気持ちがどんどん少なくなっていきますので、なんとかしなければなりません。

 

一体どのようにして彼氏に束縛をやめてもらえばいいのでしょうか?

束縛が激しい彼氏の対処法、上手な付き合い方についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

愛情表現をして不安な気持ちにさせない

 

先ほどもお話したように、彼が束縛してくるのは、自分に自信がなくて不安になってしまうからでしたよね。

つまり、彼が自信を持てるようになれば、束縛もじわじわと減っていくということもあります。

 

「愛されていない」と感じているのを「愛されている」と感じさせるには、あなたがこまめに愛情表現をしてあげるしか方法がありません。

実際のところ、恋愛をする上で愛情表現をしなくては相手に気持ちは伝わらないものですからね。

 

愛情表現は出し惜しみせず相手に伝えることで、相手も愛されていると実感するものなんですよ。

相手の考えていることを100%読み取ることはできないため、思っていることは伝えなければ正確に伝わりません。

 

彼のことが好きなのであれば、しっかり好きであることを伝えてあげましょう。

そうすれば、彼も安心してくれるでしょうし、好意を伝えた後であれば友達と遊びに行くのも許してくれる可能性が高くなりますよ。

 

また、好意を伝えた上で、直して欲しいところを伝えるのもアリですね。

好意がしっかり伝わっているからこそ、落ち込んだり、不安になったり、逆ギレしてくることは少なくなるでしょう。

 

事前に予定をしっかりと伝えておく

 

彼が束縛をしたりマメに連絡しないようにするためには、事前に自分の予定を伝えておくのもおすすめです。

この日の夜は女子会でスマホをいじっていると場が悪くなるからなどと前もって伝えておけば、連絡がこなくても彼は心配しなくなるでしょう。

 

先に決まっている予定については前もって教えておいてあげてください。

めんどくさいかもしれませんが、後になってごちゃごちゃ言われる方がめんどくさいですからね。

 

束縛や不安になったり、重くなることがなければ、いい彼氏さんだと思いますので、彼の性格を知ってうまく付き合っていくことも重要ですよ。

また、飲み会などで遅くなる時も、彼に一言だけでも連絡を入れておきましょう。笑

 

束縛に耐えきれないときは

 

彼氏の束縛がひどすぎて疲れてしまうと、どうしても彼への愛情が薄れてくる場合もあるでしょう。

ストレスも限界まで溜まってきて、もう我慢できないのであれば、彼と無理に付き合う必要はありません。

 

まずは、彼に正直に束縛されていることが負担だと伝えましょう。

ただし彼を傷つけるような言い方や上から目線で話してしまうと、束縛彼氏は逆ギレする可能性もあるので、できるだけ冷静に話をしてください。

 

正直に気持ちを伝えても彼があなたを理解しなかったり、変わろうとする素振りがなければ別れるのも選択肢の1つです。

実際、彼氏が重たすぎて別れるというのは、別れの理由の中でもかなり多いですからね。

 

連絡の頻度や友達付き合い、デートの頻度なども価値観の1つですので、合わなければ別れてしまうのもOKなのです。

ストレスを溜めながら付き合っていても、あなた自身が幸せになれないと意味がありません。

 

耐えられないときは、一度彼と距離を置いて自分の気持ちを見つめ直したり、思い切って別れてしまいましょう。

一人で別れるのが不安な場合は、第三者に協力してもらったり、バサッと縁を切ることをおすすめいたします。

 

まとめ

 

今回は束縛の激しい彼氏に疲れてしまったときの対処法についてご紹介していきました。

束縛をする彼氏は大体が自分に自信を持てずに、不安になってしまっている場合が少なくありません。

 

束縛をなくすためには彼の不安要素を取り除いてあげることが一番ですので、しっかり好意を伝えてみてください。

また、好意を伝えて彼をご機嫌にさせた後に、直して欲しいことを伝えると、素直に聞いてくれることもありますよ。

 

ただ、それでも一切直らず、耐えられないほど辛くなってしまった時には、別れてしまうのも1つの選択肢でしょう。

 

また、こちらの記事では、突然冷たくなった彼氏を振り向かせて円満な関係に戻るまで行ったことをすべてお話しています。

大好きな彼氏が急に冷たくなった時は、正直、どうすればいいのかわからず、本当に落ち込んでしまいました。

 

急に冷たくなった彼氏の気持ちをどうやって取り戻すことができたのか。

彼氏がちょっと冷めてるかもしれないけど、自分は大好きだから別れたくないという方は、ぜひ読んでみてください!

→冷めた彼の気持ちを取り戻すことができた体験談はコチラ

 

 

 

【↓人気ブログランキング参加中!クリックで応援をお願いいたします!】

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ