彼氏との別れ

彼氏が好きと言ってくれなくなった!好きと言わなくなった彼氏の心理!

 

付き合った当初は彼氏が「好き」と言ってくれていたのに、最近全然言ってくれなくなった。」

 

今まで好きとちゃんと言葉にしてくれていた彼氏が好きと言わなくなったら、どうしても気になりますよね。

愛情表現があり過ぎるのも重たいですが、なくなってしまうと、それはそれで寂しいもの。

 

それに、LINEやデート中の彼の表情や態度も変わってきたら、ちょっとモヤモヤしてしまうかと思います。

果たして、好きと言わなくなった彼氏の心理はどのようなものなのでしょうか?

 

そこで今回は、彼氏が好きと言ってくれなくなった時の心理を取り上げていきます。

さらに、彼に好きと言ってもらうためにすべきこともお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

彼氏が好きと言ってくれなくなった時の心理とは?

 

今まで好きと言ってくれていた彼氏が好きと言わなくなると、やっぱりちょっとモヤモヤしてしまいますよね。

以前は好きと言ってくれた彼にどんな気持ちの変化があったのか、彼はどのような心理なのでしょうか?

 

①関係が落ち着いてきて安定しているから

 

まず、あなたと彼の今の関係について考えてみてください。

「好き」という言葉がなくても、関係が良好なのであれば、付き合いが落ち着いて安定してきた可能性が高いでしょう。

 

例えば、LINEも頻度高くしていて仲が良いし、二人で会っている時も笑顔が多く、彼から愛されている実感があるなら問題なし。

愛情表現は言葉だけではありませんからね。

 

「好き」という言葉が減ったとしても、彼の行動から自分は愛されていると実感できるなら大丈夫ですよ。

なので、言葉以外の部分で愛情を感じれるかどうかチェックしてみましょう。

 

もちろん、関係が安定していると言っても、たまには好きと言ってもらいたいですよね。

好きと言ってもらうためにすべきことも後ほどお話していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【※大丈夫!彼に冷められてもまだ戻れる】

【体験談から学べる!】冷めた彼の気持ちを取り戻して以前より深い仲になれた方法

 

②以前よりもあなたを好きな気持ちがなくなってきているから

 

①とは逆に、彼の行動が冷たくなっていたら要注意。

LINEの返信や既読が遅かったり、返信があっても「わかった」「了解」など、淡白で冷たい。

用件がなければ連絡を取らなくなっていたり、以前よりも会う頻度も減ってきたり…。

 

彼氏が好きと言ってくれないだけでなく、態度も冷たくなってきた場合は、気持ちが冷めつつあるのかもしれません。

別れも考えている相手に、わざわざ好きとは言いませんよね。

 

このように、好きと言わなくなった彼氏の心理を読み取るには、彼の「行動」に注目するのが一番です。

そして、もし冷めていると感じたとしても、決してそのことを問い詰めないようにしてください。

 

場合によっては、彼に冷めてるかどうか聞いたことで、別れ話に繋がるかもしれませんからね。

なんで冷められているのかを自分なりに考え、少しずつでも改善して彼の気持ちを取り戻していきましょう。

 

③あなたも好きと言わなくなったから

 

愛情表現はお互いがすればするほど盛り上がり、しなければしないで落ち着くもの。

あなたが好きと言わなくなったから、彼も言わなくなったということは大いにあり得るでしょう。

 

落ち着くこと自体は悪いことではありませんが、お互いに好きと言い合わない期間が長くなると、なんとなくそんな雰囲気にならないことってありますからね。

一度きっかけを見失うと照れくさくなってしまい、愛情表現をしにくい雰囲気が出来上がってしまっているのかも。

 

そういった状況はちょっとしたきっかけがあれば変わるもの。

彼が好きと言わなくなったのであれば、まずは自分から彼に好きと言ってみましょう。

 

その時の反応で彼の本当の気持ちがわかるはずですからね。

今まで好きと言ってくれていた彼なのであれば、きっかけさえあれば言ってくれるはず。

 

彼からの好きを待つよりも、自分から行動してみて彼の本心を探ってみてください。

何回か自分から愛情表現をしてみても言ってくれなかったり、ちょっと冷たい態度なのであれば、本当に冷めているのかもしれません。

 

④他に気になる人ができた

 

あなたのことは好きで付き合っているけど、他に好きな人や気になる人ができてしまった。

そんな状況で好きと言うのは、あなたに対しても、好きな人に対しても罪悪感が出てきてしまいます。

 

このような、「心の底から好きだと言えない」ということは男性心理としてよくあるケースなんですよね。

もちろん、好きと言わなくても彼の態度や行動から好意が感じられるなら気にしなくても大丈夫。

 

逆に、彼の態度が冷たくなってきていたとしたら、彼は別の人への興味でいっぱいだったり、あなたとの別れを考えているかもしれないから気をつけて。

彼の行動や言葉を観察しながら、気持ちを取り戻すために少しずつできることをしていきましょう。

 

好きと言わなくなった彼氏への接し方!好きと言ってもらうには?

 

①まずは自分から彼に好きと言って様子を見る

 

お互いに好きと言い合わなくなってしまっている場合は、この方法が効果的。

ふとした時に、自分から彼に「好き」と言ってみましょう。

 

シチュエーションにはこだわらず、家でゆっくりしている時でも一緒に食事をしていると時でもOK。

彼はどんな反応をすると思いますか?

 

彼の反応を見たいので、表情が見えるタイミングがいいでしょう。

「急にどうしたの?」と彼が戸惑うかもしれませんが、笑ってくれたり、彼も好きと言ってくれたら問題なし。

 

愛情表現はすればするほど盛り上がり、控えていると安定してきて言わなくなるものですからね。

いつも彼から好きと言ってくれたいたのであれば、たまにはあなたから言ってあげてみてください。

 

不安な気持ちも分かりますが、彼との問題なので、1人でモヤモヤしていてもいいことはありません。

それならいっそ、自分から好きと彼に伝えてみて、彼の気持ちを探るのが一番なのです。

 

②明るくノリのいい感じで「好きと言って」

 

何度も言うように、愛情表現は一度火がつき始めると盛り上がるもの。

ですが、「好きと言って」「私のこと好き?」「最近好きって言ってくれないよね」と彼に伝えると、重くなってしまいがち。

 

この会話がきっかけで険悪なムードになってしまうこともあるので、言い方に注意ですね。

できるだけ軽い印象を与えるために、明るくノリのような感じで可愛くお願いしてみてくださいね。

 

もしくは、家で一緒にいる時に何気ない愛情スタンプを送ってみたり、ソファで近くに並んでみたり、行動で示してみるのもいいですね。

自分ができる恥ずかしくない方法でさりげなくきっかけを作ってみてください。

 

③自分磨きでいい女だと思ってもらえるよう努力する

 

付き合っている期間や友達期間が長い場合など、当たり前の存在になってしまうことも少なくありません。

なので、外見を磨く、新しいことに取り組んでみて毎日を充実させるなど、彼から見ていい女だと思えるようになることも忘れずに。

 

結局のところ、彼にとって魅力的な女であり続ければ、彼も別れることはありませんからね。

絶対に手放したくないと思われるような女性になりましょう。

 

メイクやダイエット、ファッション、髪型などの外見はもちろんですが、内面も大事です。

毎日を充実させて、明るく自信を持った女性だと、彼も一緒にいたいと思ってもらえるはず。

 

また、一緒にいる時は彼の話をじっくり聞いてあげたり、褒めてあげるなど居心地のいい存在を目指してみてください。

愛され続けるためには、愛され続けるための努力も大事なのです。

 

「あれ?なんか可愛くなった?」「雰囲気が変わった?」と定期的に思わせるよう工夫してみてください。

それに自分を磨いていると、自分自身のためにもなるし、不安な気持ちも少なくなっていきますよ。

 

【※彼をもっと本気にさせたい方へ】

彼が急に冷たい態度を取るのはどうして?冷めた彼を振り向かせるために行った3つのこと

 

④彼の負担にならないこと!一緒にいる時は居心地のいい存在になろう

 

彼の気持ちが冷めてきているかもしれない時に、「好きって言ってくれないよね」と彼に聞くのはNG。

男性にとってこのような言葉は、冷めていたり、仕事で疲れている時には負担になってしまいますからね。

 

いずれにしても大事なのは、彼にとって居心地が良い存在になること。

話を聞いてあげたり、褒めてあげることで「俺のことわかってくれているなあ」と思わせてみてください。

 

男性は承認欲求が強い人が多く、恋人が話を聞いてあげたり、褒めるのは効果的ですからね。

自分を認めてくれる人のために努力しようとする心理が働いて、あなたから離れられなくなっていきますよ。

 

もちろん、それでもダメで、彼から別れ話をされてしまうこともあるかと思います。

そんな時は、決してしつこくすがらずに、彼に自分の気持ちと感謝を伝えて綺麗に別れるようにしましょう。

 

一度冷めてしまった気持ちを説得で突き動かすのは至難の技。

それよりも、好意と感謝を伝えて印象良く別れる方が彼の未練を引き出すことができます。

 

「あれ、こんなに自分のことを思ってくれる女性と別れて本当にいいんだろうか」

このように、彼に思わせることができれば、後々、復縁できる可能性がすごく高まりますよ。

 

なので、彼が好きと言ってくれなくなって、冷めていると感じたら、別れも想定しておいてください。

ここで印象良く別れることができれば、また彼は戻ってきてくれますから。

 

まとめ

 

今まで好きと言ってくれていた彼が好きと言わなくなると、どうしてもモヤモヤしてしまいますよね。

でも、好きと言葉にしないだけで、彼も愛情を持っていることは少なくありません。

 

なので、彼の行動や表情から好意を感じるのかどうか、から心理を読み取ってみてください。

また、今まで愛情表現をしてくれていた彼なのであれば、きっかけさえあれば、また好きと言ってくれるはず。

 

そこで、好きと言ってもらうためにも、まずは自分から彼に対して「好き」と言ってあげてみてください。

いつも自分がもらってばかりの方は、自分なりでいいので、彼にちゃんと伝えてあげましょう。

 

あなたが今、モヤモヤしているように、気持ちというのは伝えないと伝わらないものですからね。

その時の反応をみて、彼が本当に冷めているのか、実は言葉にしなかっただけなのかがわかるでしょう。

 

大丈夫、できるところから頑張ってみてください。

あなたが幸せになれることを心から願っています!

 

また、こちらの記事では、突然冷たくなった彼氏を振り向かせて円満な関係に戻るまで行ったことをすべてお話しています。

大好きな彼氏が急に冷たくなった時は、正直、どうすればいいのかわからず、本当に落ち込んでしまいました。

 

急に冷たくなった彼氏の気持ちをどうやって取り戻すことができたのか。

彼氏がちょっと冷めてるかもしれないけど、自分は大好きだから別れたくないという方は、ぜひ読んでみてください!

→冷めた彼の気持ちを取り戻すことができた体験談はコチラ

 

 

 

【↓人気ブログランキング参加中!クリックで応援をお願いいたします!】

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ